--> 医療事務の資格が取れる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

医療事務の資格が取れる通信講座を比較してみた

医療事務の資格が取れる通信講座を比較してみた

医療事務資格取得の通信講座の決め方

数ある医療事務通信講座の中から学習期間が短く、受講費用もリーズナブルとなっている3つの講座を比較しました。
受講期間はどの講座も3ヶ月が標準的な期間となっていますが、受講費用には13,000円の開きがあるので、資格取得の費用を安く抑えたいという場合は、キャリカレの講座を受講するのがベストの選択です。

最安値で医療事務資格取得の充実の講座
>>医療事務資格講座|キャリカレ資料請求

eラーニングで効率的な学習ができる講座
>>医療事務講座|たのまな資料請求

担任制できめ細やかなサポートが好評
>>日本医療事務通信講座|資料請求

それぞれの医療事務通信講座の詳細な説明やカリキュラムなどを知りたい場合は、無料で行える資料請求をすればいいでしょう。請求すれば数日で講座の詳細が説明された資料が一式届きます。

医療事務資格とは

医療事務は、病院やクリニックなどにおける経理や事務業務が主な仕事です。
その中でもメインとなるのがパソコンを使った診療報酬明細書(レセプト)の作成やオペレーター業務なので、医療事務資格を取得した専門家の方が即戦力となる実力を持っていることから、就職・転職においては有利です。

医療事務の職場は比較的女性が多く、シフトなども組みやすく、働きやすい職場が多いことから、女性が就職・転職のために短期間で取得するにはおすすめの資格だと言えるでしょう。
また、医療事務資格は日本全国、病院やクリニックなどで働くときに使えるため、結婚、転居、転勤などにも強い資格なのでとりあえず取得する女性も多いようです。

民間資格である医療事務資格の種類

医療事務資格は民間資格なので、資格を認定する協会や機関において名称が異なることがあります。

資格名称等 資格認定協会等
医療事務資格 日本能力開発推進協会(JADP)
医療事務認定実務者R 全国医療福祉協会認定
医療事務検定試験 日本医療事務協会
  • 認定する基準は専門的知識と技術の審査が対象であるためどの資格を取得しても即戦力となる実力には変わりはありません。
  • どの資格を取っても、履歴書に明記でき就職・転職上の問題はありません。

医療事務の資格取得できる通信講座比較

医療事務の資格を目指せる通信講座は数多くあります。
資格取得の肝は、医療事務に必要な基本的知識の習得にありますが、それに加えて診療報酬明細書の作成・・・いわゆるレセプト作成をコンピューターで行う実技能力を身に付けることにあります!!
また、資格試験については多くの講座で在宅受験方式を採用しているため、テキストや問題集などを見ながら回答することができ、丸暗記不要となっています。合格率も8割から9割以上となっています。
そこで、カリキュラム修了の標準的な期間と受講費用などが通信講座比較のポイントになるでしょう(^^♪

医療事務資格の一発合格が狙える3つの通信講座を期間、費用、試験、学習スタイルの違いをサクッとまとめて見たので、各講座の違いをチェックしてみてください。

取得資格 医療事務資格 医療事務認定実務者R 医療事務検定試験
講座名 医療事務資格講座 医療事務講座eラーニング 日本医療事務通信講座
スクール キャリカレ たのまな 日本医療事務協会
受講期間 3ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
受講費用
(受験料)
41,900円
(5,600円)
38,000円
(4,500円)
37,400円
(7,700円)
総費用 47,500円
37,500円
42,500円 45,100円
資格試験 在宅(修了後、随時) 在宅(毎月) 在宅(修了後別途)
学習スタイル ●テキスト・映像講義併用
●即戦力に必要な知識・技術
●キャリアコーディネーターによる就職・転職支援
●eラーニング
●接遇からレセプトまで学習できる
●転職・就職サポート
●担任制が導入
●ポイント解説動画
●スクーリング制度

キャリカレの医療事務資格講座は、インターネットで申し込むと10,000円の割引が受けられるので、資格取得費用としてはかなりお得になっています。

キャリカレ医療事務資格講座

キャリカレ医療事務資格講座
キャリカレの講座は、テキストと映像講義を併用していて、初めて学ぶ人でもモチベーションを下げることなく進められる教材とカリキュラムが特徴的な人気講座です。
医療、保険などの専門的な内容にかかわる科目でも、実際に授業を受けているような映像講義で分りやすく、丁寧に説明してくれるので、理解度がグーンとアップし、記憶に残ります(^^♪
スマホがあれば外出先でも気軽に映像講義を見ることができるため、隙間時間の活用にも適しています。

1日2ページの学習ペース

仕事や学校、育児などで忙しい人でも、1日たった2ページの学習で進められるカリキュラムなので無理なく学習ができます。逆に、1日4ページ以上進めていくなら、最短1ヶ月でカリキュラムを修了させ資格試験を受けることもできます。

医療事務講座の学習内容と資格試験

医療事務業務に必要な医療保険制度の基礎、カルテ・レセプトの基礎から実践まで即戦力に必要なものをすべて学ぶことができる充実の内容になっています。
カリキュラムを修了すれば、自分の好きなタイミングで資格試験を在宅で受験することができます。

キャリアコーディネートサポート

キャリカレは資格取得から就職・転職まで直結したサポート体制があるため、取得した資格を活用できる理想の職場を専属のキャリアコーディネーターが提案してくれます。
就職・転職を前提に資格取得を考えている人には一押しの通信講座です。

キャリカレ講座の受講費用と期間

キャリカレの医療事務資格講座は、受講費用と受験費用を合算すると、資格取得までに47,500円(税込)必要ですが、ネット申し込みで1万円の割引があるため、3つの講座の中では一番安い37,500円で資格取得できます。

>>医療事務資格講座|キャリカレ通信講座

最短、格安で医療事務の資格取得を目指しているなら、キャリカレの医療事務資格講座がおすすめですね。

たのまな医療事務講座eラーニングコース

たのまな医療事務講座eラーニングコース
医療事務初学者に分りやすいと評判の講座でeラーニングだけでも学習が修了できるように工夫されています。したがって、忙しい人や時間を効率的に活用して資格取得したい人にはおすすめのコースです。

学習のペースについて

eラーニングを活用すると学習するのが楽しくなりますが、学習ペースは通常1週間に3回、1~2時間程度の学習時間を取ればカリキュラム通りに進められるので負担も少なく安心です。

医療事務講座の学習内容と試験について

学習内容は大きく分けて4つの項目が用意されています。受付会計業務も担任することから最初に接遇マナーについて学習します。そして、医療保険制度、医療事務の基礎知識を学んでいき、最後に診療報酬明細書(レセプト)についての学習をします。
一通り学習したら、演習問題や添削問題を解き、最後に資格試験に在宅で挑戦します。
試験んはマークシート方式で6割以上の正解で合格となります。

就職・転職サポートについて

医療業界との強いつながりがある『ヒューマンリソシア』が、修了生の就業をマンツーマンでサポートしてくれます。
専任のコーディネーターの個別面談で、条件に合う職場、仕事を紹介してくれるので、就業を視野に入れて資格取得を考えている人には安心感のある講座です。

たのまな講座の受講費用と期間

たのまなの調剤薬局事務講座は、受講費用と受験費用を合算すると、資格取得までに42,500円(税込)と定価での比較では最安値です。学習ペースはゆとりがあって、しかも取得までに3ヶ月という短期間です。

>>医療事務講座|たのまな通信講座

1日30分のゆったりとした学習ペースで、短期間に、しかも安価に調剤薬局事務の資格を取得したいなら、安定感のあるたのまなの講座がおすすめです。

日本医療事務通信講座

日本医療事務協会の日本医療事務通信講座
日本医療事務協会が主催している日本医療事務通信講座は、最短で2ヶ月、標準なら3ヶ月で修了できるカリキュラムになっています。
この講座のおすすめポイントは、担任制が導入されていて担任講師がきめ細かくサポートしてくれるところです。もし、あなたがやる気(モチベーション)が続かない人、最後までやり切れるか不安に感じる人なら、間違いなくおすすめの講座です。
初めて学習する人でも、テキストだけで理解しにくい部分はポイント解説動画が用意されているため、理解に苦しむことはないでしょう。
また、日本医療事務協会では通学で学ぶ学校もあり、通信コースを受講していても、スクーリング制度が用意されているため、通学コースに参加することもできます。

受講費用は一番安いのか

一見すると受講期間が短く、費用が安いように見えますが、講座を受講して資格が欲しい場合は、検定試験に別途申し込む必要があります。
検定料は7,700円なのでこれを含めると受講費用は45,100円となって、たのまなの講座より高くなります。

医療事務検定だけで足りるのか

日本医療事務協会の検定試験は、医療事務検定以外に医事コンピュータ能力検定試験やレセプト点検業務技能検定試験などがあり、これらの資格も取得するとなると、期間と費用もさらに上乗せとなります。

資格取得後の就業支援体制について

資格取得後の就職支援については、就職支援部なる専門組織があって、全国の支部・支社と連携して、仕事の相談、紹介、就業中のサポートまでしてくれるため、安心感はあります。

日本医療事務協会講座の受講費用と期間

日本医療事務協会の医療事務通信講座は、受講費用と受験費用を合算すると、資格取得までに45,100円(税込)と定価では一番高い価格です。受講期間は3ヶ月なので他の2講座と同じ学習期間です。

>>日本医療事務通信講座

医療事務以外の事務系資格

医療事務以外にも、レセプト作成を主な業務とする事務系資格が2つあります。介護関連の事務所や施設などで働ける介護事務資格と病院などに併設されている調剤薬局で働ける調剤薬局事務資格です。
介護事務及び調剤薬局事務の資格も、医療事務資格と同様で2ヶ月から3ヶ月程度の通信講座受講で取得できるので、この2つの資格も医療事務に興味ある人にはおすすめです(^^♪

介護事務の資格が取れる通信講座

調剤薬局事務の資格が取れる通信講座