--> 登録販売者の資格が取れる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

登録販売者の資格が取れる通信講座を比較してみた

登録販売者の資格が取れる通信講座を比較してみた

この記事を読めば、登録販売者の資格を取りたい人が、どの通信講座を選んだら良いのか一発で分かります。
登録販売者の資格を取得できる通信講座の中から口コミ・評判の良い人気の講座を厳選し、受講費用、受講期間、カリキュラム、教材、サポート体制などを比較しました。

スクール 受講費用
学習期間
給付金
おすすめ
ポイント
ヒューマン通信講座 44,800円
3ヶ月
給付金対象
3ヶ月間の短期集中学習で
合格を目指せて、給付金を
使えば費用も抑えられる!
キャリカレ 38,500円
3ヶ月
なし
わずか3ヶ月で合格力が身
につき、ネット申し込みで
最安値!
ユーキャン 44,000円
8ヶ月
給付金対象
1日20分程度の学習で無理
なくじっくり学習して合格
を目指せる!

登録販売者資格取得の通信講座の決め方

数ある登録販売者通信講座の中から人気の3つのスクールが提供する登録販売者の資格取得通信講座を、学習期間、受講費用、学習スタイルなどで比較してみました。

  1. 費用面
    ネット申し込み割引のあるキャリカレが格安ですが、ヒューマンアカデミー通信講座とユーキャンの講座は一般教育訓練給付金の対象講座になっているため、給付金の対象になっているなら最大で20%、約8,000円の支給が受けられるのでさらに安く受講できます。
  2. 学習期間
    最短3ヶ月で合格力が付くのがキャリカレヒューマンアカデミー通信講座の講座になります。それぞれの講座の特徴などを踏まえて、年に1回実施される試験に向けて余裕をもって講座をスタートさせることが一発合格の近道と言えるでしょう。
  3. 学習スタイル
    いずれもテキストや動画講義を活用して効率的な学習ができますが、1日20分程度の学習で無理なく継続でき合格を目指したいなら、ユーキャンの講座がおすすめです。

それぞれの登録販売者資格取得通信講座の詳細な説明やカリキュラムなどを知りたい場合は、無料で行える資料請求をすればいいでしょう。請求すれば数日で講座の詳細が説明された資料が一式届きます。

登録販売者資格とは

登録販売者は公的資格の一つで、薬剤師に次ぐ資格とも言われている就職・転職に強い資格です。そして、登録販売者資格は薬のスペシャリストとしてニーズの高い資格です。
その理由は、薬事法で薬局やドラッグストアなどでは薬剤師や登録販売者がいないと薬を販売できないため、どうしても確保しなければならない人材になっているからです。
薬剤師と登録販売者の違いは、扱える市販薬の違いで、登録販売者は5つある分類の中の「第二類医薬品」と「第三類医薬品」のみを扱えるようになっています。ただし市販薬の9割はこの第二・三類医薬品なので、登録販売者の役割はかなりのものと言えるでしょう。

薬局、ドラッグストア、近所のスーパーのドラッグコーナーなど身近な職場で必要な資格を持たないと働けないことから、特に安定して働きたい女性に人気の資格の一つです。

薬剤師になるには6年間の薬学過程を修了し、国家試験に合格する必要があるため、資格取得のハードルは高く、通信講座で取得できるものではありません。
しかし登録販売者なら最短で3ヶ月の通信講座を受講して、年に1回の試験に合格すればいいのです。

公的資格|登録販売者の資格試験

公的資格の登録販売者の資格試験は、都道府県が主催するため、年度ごとの願書受付、試験日、合格発表日などは、都道府県のホームページなどで確認しましょう。

資格名 登録販売者(公的資格)
受験資格 特になし
試験日 都道府県ごと8月下旬から12月上旬(例年)
【例】東京都の場合
令和5年9月10日1000~1530
受験者は3,729人で合格者は1,639人、
合格率44%でした
試験内容 筆記試験(多肢選択式)
1 医薬品に共通する特性と基本的な知識 20問
2 人体の働きと医薬品         20問
3 薬事に関する法規と制度       20問
4 主な医薬品とその作用        40問
5 医薬品の適正使用と安全対策     20問
合格率 30%~60%
検定料 都道府県ごと
【例】東京都の場合は13,600円

登録販売者の資格試験は都道府県ごとに実施されるので、自分の住んでいる地域の担任部署のホームページなどで早めに調べておきましょう。東京なら東京保険局のホームページですが、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、徳島県なら関西広域連合のホームページと、地域によってさまざまなので注意しましょう(^^♪

登録販売者の資格取得できる通信講座比較

登録販売者の資格試験に一発合格したい人におすすめの通信講座3つを比較してみました。
目指せる資格、受講期間、受講費用、学習スタイルなどから、自分に合う通信講座を選んで登録販売者の資格を取得して下さい!!

登録販売者の試験は年に1回なので、試験までの準備期間を見据えて、受講すべき通信講座を見極めましょう。資格を仕事に活かしたい人は、合格後の就職・転職支援体制の有無も重要なポイントと言えます。

1.ヒューマンアカデミー通信講座の登録販売者講座

たのまな登録販売者講座

講座名 登録販売者総合講座
スクール ヒューマン通信講座
受講期間 3ヶ月
サポート期間 18ヵ月
添削回数 3回
模擬試験 あり
受講費用 44,800円
40,320円(期間限定特価)
分割払い 3,100円×15回
教育訓練給付金 対象講座
学習スタイル テキスト、DVD/Web動画を併用した
ハイブリッド学習、eラーニングあり
就活支援 就職・転職サポート制度
販売事業者 ヒューマンアカデミー株式会社
販売事業者住所 〒160-0022
東京都新宿区新宿3-1-13
京王新宿追分ビル8階
公式サイト >>登録販売者合格総合講座


ヒューマンアカデミー通信講座の登録販売者講座は、最短3ヶ月の短期間で一発合格が狙える試験対策に自信のある通信講座です。企業研修にも採用されている内容で、短期間で無理なく合格力が身に付くカリキュラムになっています。

3ヶ月で合格が目指せるカリキュラム

ドラッグストアの研修機関である日本薬業研修センター医薬研究所所長をはじめとした講師陣の監修テキストを使用し、試験傾向、対策、効率的な学習方法などを解説する講義解説DVDも付属しているので、無理なく3ヶ月で合格を目指せるキャリきゅらむになっています。
また合格サポートの一つとして、試験直前対策セミナーなども実施されるため、安心して受講できる講座です。

学習ペースについて

学習ペースは試験までの期間に応じて異なりますが、1回30分程度の学習ペースで無理なく進められる講座です。講義解説DVDを視聴し、テキストを用いて学習を進めます。学習しながら重要ワードを覚えていき、実力診断テストで習熟度を確認します。

効率的に学習できるeラーニング

eラーニングでは講義映像の他に1,200問の過去問とその解説、学習の進捗状況の把握、質問サポートなどがしっかりと行えます。動画の再生スピードを最大2倍にアップすることができるため、短時間でも効率的に学習を進められます。

再生スピードを上げると頭の回転も速くなるのか、記憶に残りやすく感じます。スピードに慣れてくると、本来のスピードが遅く感じるようにもなります。英会話などでも用いられている再生スピードの加速機能・・・私は結構好きです(^^♪

就職・転職サポートについて

医療業界との強いつながりがある『ヒューマンリソシア』が、修了生の就業をマンツーマンでサポートしてくれます。専任のコーディネーターの個別面談で、条件に合う職場、仕事を紹介してくれるので、就職・転職を視野に入れて資格取得を考えている人には安心感のある講座です。

▼ヒューマンアカデミー通信講座▼登録販売者合格総合講座

2.キャリカレ登録販売者合格指導講座

キャリカレ登録販売者合格指導講座

講座名 登録販売者合格指導講座
スクール キャリカレ
受講期間 3ヶ月
サポート期間 12ヵ月
添削回数 5回
模擬試験 なし
受講費用 48,500円
38,500円(ネット申し込み限定)
分割払い 2,340円×24回
教育訓練給付金 対象外
資格試験 年に1回都道府県ごと
8月下旬から12月上旬
学習スタイル テキストと映像講義を併用した
学習、ポイントを抑えたテキスト
が分かりやすい
就活支援 キャリアコーディネーターによる
就職・転職支援
公式サイト >>登録販売者合格指導講座

キャリカレの講座は、テキストと映像講義を併用して初めて学ぶ人でもモチベーションを下げることなく進められる教材とカリキュラムが特徴的な人気講座です。
年に1回の資格試験のチャンスで一発合格を狙うために、最短で3ヶ月前から学習をスタートさせれば、合格力が身に付くカリキュラムになっています!!

短期間で学べる効率的なカリキュラム

登録販売者の業務に必要な医薬品の知識、人体の働き、主な医薬品とその作用、薬事法などが3ヶ月で学べる充実の内容になっています。
試験5科目に合わせたテキストが用意されていて、覚えるべきポイントが一目で分るようになっているため、初学者でも、勉強は苦手という人でも安心して取り組めます(^^♪

テキストと解説映像の併用

キャリカレのテキストは分りやすくまとまっていますが、重要なポイントや分かりにくい部分については、スマホで視聴できる解説映像のQRコードがテキストについていてとても便利です。
また、質問メールについても学習項目ごとにQRコードが掲載されているので、スマホから簡単に質問ができるように工夫されています。
専用アプリ『eスキップ』を活用することで映像講義や質問メールが簡単に行えるようになっているので、とても便利です。

キャリアコーディネートサポート

キャリカレは資格取得から就職・転職まで直結したサポート体制があるため、取得した登録販売者の資格を活用できる理想の職場を専属のキャリアコーディネーターが提案してくれます。
就職・転職を前提に資格取得を考えている人には一押しの通信講座です。

▼キャリカレ通信講座【公式】▼登録販売者合格指導講座座

3.ユーキャンの登録販売者講座

ユーキャンの登録販売者講座

講座名 登録販売者講座
スクール ユーキャン
受講期間 8ヶ月
サポート期間 14ヵ月
添削回数 7回
模擬試験 あり
受講費用 49,000円
46,000円(デジタルテキストなし)
分割払い 3,800円×13回
教育訓練給付金 対象講座
資格試験 年に1回都道府県ごと
8月下旬から12月上旬
学習スタイル テキストによる学習及び学びオンライン
プラスの活用
就活支援 なし
公式サイト >>ユーキャンの登録販売者講座

ユーキャンの登録販売者講座日本マーケティングリサーチ機構調べによると現役登録販売者がおすすめする講座の第1位に選ばれた講座です。
学習期間は8ヶ月と長丁場ですが、1年に1回の試験対策としての通信講座としては無理なくしっかり学習できるということでとても安心感のある講座です。

1日60分の効率学習

ポイントを絞ったテキストで1日60分、効率的に学習を進めていきます。各レッスン終了時にチェックテストが付いているため、学習ポイントを逃さすしっかり押さえておくことができます。
スマホやタブレットで効率よく学べるデジタルテキストも付属してくるので学習の効率性はより高まる講座です。

初めてでも分りやすい教材

講座の教材は、テキスト4冊、分野別問題集、210分チャレンジ模試、重要ポイント&チェックなどがあり、全くの初心者でも理解して一歩ずつ進めていけるようになっています。
特にデジタルテキストが採用されているため、外出先や移動時、昼休みなどの隙間時間を有効に活用して学習ができる点は、学習する上で効率を追求できるかなり良いものです。

▼生涯学習ユーキャン【公式】▼登録販売者講座

登録販売者の資格取得でよくある質問・疑問

登録販売者の資格を通信講座で取得しようとする人がよく抱く質問や疑問に回答します。

登録販売者の資格でどこまで扱えますか?

登録販売者の資格を持っていれば、医薬品のうち第二類医薬品及び第三類医薬品を取り扱うことができます。 薬局やドラックストアなどで扱っている医薬品の約9割が第二類医薬品か第三類医薬品に該当するため、登録販売者の資格が相当な種類の医薬品を扱うことができます。

登録販売者の合格率は?

登録販売者試験の合格率を調べてみると、2012~2022年の10年間の実績では、全国平均で合格率は44.3% となっています。登録販売者講座の受講者による正確な情報・データは見つけることができませんでしたが、登録販売者の合格率は約4割と認識しておけば間違いないでしょう。

登録販売者試験は国家資格ですか?

登録販売者試験は国家資格ではありません。文部科学省が発行する国家資格一覧に「都道府県が試験を行う公的資格」として記載されており、「第二類医薬品及び第三類医薬品の販売という限定された範囲での専門家」という位置づけです。登録販売者の試験自体は国ではなく都道府県が実施していて、資格認定を行うのも各都道府県です。

登録販売者は独学でも受かりますか?

登録販売者試験は、独学で合格することは不可能ではありません。試験問題に正解するための知識をしっかり持っていて、時間内に回答できれば合格できるでしょう。ただし、試験範囲も広く、専門的な知識も多く、合格率も40~50%ということから、短期間に合格を目指すなら実績のある通信講座を受講するのが近道と言えるでしょう。