--> 歯科助手の資格が取れる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

歯科助手の資格が取れる通信講座を比較してみた

歯科助手の資格が取れる通信講座を比較してみた

歯医者さんへの就活を考えていて、歯科助手の資格取得を考えているなら、短期間で資格が取れる通信講座を受講するのがいいでしょう。とにかくすぐに歯科助手の資格を取りたい人、即戦力となるスキルを身に着けたい人などに、次の2講座がおすすめです!

スクール 講座名 期間 費用 資格試験
キャリカレ 歯科助手資格講座 3ヶ月 49,600円 在宅試験(修了後、随時)
たのまな 歯科助手講座 4ヶ月 39,700円 在宅試験(毎月)

歯科助手資格取得の通信講座の決め方

歯科助手になるための通信講座2つを比較しました。

キャリカレの講座は、短期間に歯科助手資格を取得したい人におすすめで、わずか3ヶ月で在宅受験により資格が取れます。

▼最短ルートで歯科助手になりたいなら▼歯科助手資格講座|キャリカレ資料請求

たのまなの講座では、歯科助手としてより実務に即した実践的な知識とスキルを身に付け歯科助手として即戦力になりたい人に最適なカリキュラムになっています。キャリカレより1ヶ月長い学習期間ですが、4ヶ月で即戦力になる実力が身に付きます。

▼初学者でも実践的なスキルが身に付く▼歯科助手講座|たのまな資料請求

歯科助手資格が取れる通信講座の詳細な説明やカリキュラムなどを知りたい場合は、無料で行える資料請求をすればいいでしょう。請求すれば数日で講座の詳細が説明された資料が一式届きます。

歯科助手資格とは

歯科助手は、歯科医師の医療行為をサポートするのが主な仕事で、具体的には歯科診療介助、受付・会計、診療報酬明細書(レセプト)作成などを行います。
歯科助手資格は民間資格なので、業務を行う上で資格を保有していないとできない業務ではありません。しかし歯科医師のサポートをする上で歯科治療の内容やレセプト作成などの知識やスキルを持っている方が即戦力となるため、資格保有は就職・転職で有利になります。

民間資格である歯科助手資格の種類

歯科助手資格は民間資格なので、資格を認定する協会や機関において名称が異なることがあります。どの資格でも優位性や難易度に大差はありません。

資格名称等 資格認定協会等
歯科助手資格 日本能力開発推進協会(JADP)
歯科助手専門員 職業技能専門教育研究機構

歯科助手の資格ですが、どちら資格を取ろうかと考えるよりは、どちらの講座が自分のスタイルに合っているのかで選べば良いでしょう!!
歯科助手資格の一発合格が狙える2つの通信講座を期間、費用、試験、学習スタイルの違いをサクッとまとめて見たので、各講座の違いをチェックしてみてください。

歯科助手の資格取得できる通信講座比較

歯科助手の資格試験に一発合格したい人におすすめの通信講座2つを比較してみました。
目指せる資格、受講期間、受講費用、学習スタイルなどから、自分に合う通信講座を選んで歯科助手資格を取得して下さい!!

取得資格 歯科助手資格 歯科助手専門員
講座名 歯科助手資格講座 歯科助手講座
スクール キャリカレ たのまな
受講期間 3ヶ月 4ヶ月
受講費用
(受験料)
49,600円
(5,600円)
39,700円
(3,000円)
総費用 55,200円
42,500円
42,700円
資格試験 在宅(修了後、随時) 在宅(毎月)
学習スタイル ●テキスト・映像講義併用
●即戦力に必要な知識・技術
●キャリアコーディネーターによる就職・転職支援
●eラーニング
●接遇からレセプトまで学習できる
●転職・就職サポート

キャリカレの歯科助手資格講座は、インターネットで申し込むと10,000円の割引が受けられるので、資格取得費用としてはかなりお得にりますが、なのまな講座とは200円だけの違いです。定価ではたのまなの方が安いのですが、実質的にはどちらの講座費用もほぼ一緒です。

キャリカレ歯科助手資格講座

キャリカレ歯科助手資格講座
キャリカレの講座は、テキストと映像講義を併用して初めて学ぶ人でもモチベーションを下げることなく進められる教材とカリキュラムが特徴的な人気講座です。
歯科助手業務に必要な医療保険制度の基礎からレセプト作成の基礎から実践まで、即戦力に必要なものをすべて学ぶことができる充実の内容になっています。

短期間で学べる効率的なカリキュラム

カリキュラムは3ヶ月で歯科助手業務に必要な知識やスキルを修得できるようになっています。
1ヶ月目には医療保険制度について学習し、医療保険の種類や軽減の内容や方法、労災保険などについて学びます。2ヶ月目には歯科診療の流れや歯科助手業務について学習し、加えてカルテ・レセプトの基礎を学びます。ラスト3ヶ月目にはカルテ・レセプトの実務、実践についてじっくり学ぶので、レセプトが作成できるようになる実践力も身に付きます。

テキストと解説映像の併用

キャリカレのテキストは分りやすくまとまっていますが、重要なポイントや分かりにくい部分については、スマホで視聴できる解説映像のQRコードがテキストについていてとても便利です。
また、質問メールについても学習項目ごとにQRコードが掲載されているので、スマホから簡単に質問ができるように工夫されています。
専用アプリ『eスキップ』を活用することで映像講義や質問メールが簡単に行えるようになっているので、とても便利です。

歯科助手の資格試験

カリキュラムを修了すれば、自分の好きなタイミングで資格試験を在宅で受験することができます。カリキュラム開始から1年間、好きなタイミングで受験できるので安心です。受験申し込みを行うと自宅に試験問題が送られてきて、在宅受験するスタイルなので忙しい人でも安心、丸暗記苦手な人でも無理なく受験できます。
試験の7割以上得点できれば合格となり、認定証と認定カードがもらえます。

キャリアコーディネートサポート

キャリカレは資格取得から就職・転職まで直結したサポート体制があるため、取得した歯科助手の資格を活用できる理想の職場を専属のキャリアコーディネーターが提案してくれます。
就職・転職を前提に資格取得を考えている人には一押しの通信講座です。

キャリカレ講座の受講費用と期間

キャリカレの調剤薬局事務資格講座は、受講費用と受験費用を合算すると、資格取得までに55,200円(税込)が必要ですが、ネット申し込みで1万円の割引があります。

▼最短ルートで歯科助手になりたいなら▼
歯科助手資格講座|キャリカレ通信講座

受講期間は3ヶ月と最短ですから、格安・最短で歯科助手の資格が取得したいならイチ押しの通信講座です。

たのまな歯科助手講座

たのまな歯科助手講座
たのまなの歯科助手講座は、4ヶ月で初学者でも資格取得ができる通信講座です。
歯科助手が行う業務はとても広範囲です。治療器具の準備、片付け、洗浄、消毒以外にも受付・会計業務、さらに歯の詰め物を練ったり、歯の型を取るための石膏を用意したりと、患者さんの口に触れる治療行為以外の業務全般をこなす必要がありこれに対応した知識やスキルを身に付けられる内容になっています。

実務に即したカリキュラム

たのまなの講座では主に歯科助手の実務に即したカリキュラムとなっています。
歯科助手は医療事務や調剤薬局事務とは異なり、医師の治療行為のサポートがメインの業務であるため、診療報酬請求に関わる部分は除外されています。
4ヶ月のカリキュラムでデンタルケアアシスト業務、歯の知識、歯牙疾患、歯周疾患(歯ぐきの治療)などについて学習します。

学習のペースについて

学習ペースは通常1週間に3回、30分程度の学習時間を取ればカリキュラム通りに進められるので負担も少なく安心です。
学習の流れは大まかな学習内容をDVDで把握し、テキストとDVDを併用しながら学習を進めます。実際の歯科医院で撮影されたDVDは、学習内容を実践的、視覚的に理解するうえで最高の教材です。

歯科助手講座の資格試験はない

3回の添削指導を提出し、一定の成績を得ていれば、カリキュラム修了で資格を取得し、歯科助手専門員の資格証が授与されます。つまり、資格試験はないということです。
歯科助手専門員資格認定証の発行を希望する場合は、講座修了(合格)後に申請することで認定書を取得できます。ただし、申請料として別途3,000円が掛かります。

就職・転職サポートについて

 

医療業界との強いつながりがある『ヒューマンリソシア』が、修了生の就業をマンツーマンでサポートしてくれます。専任のコーディネーターの個別面談で、条件に合う職場、仕事を紹介してくれるので、就職・転職を視野に入れて資格取得を考えている人には安心感のある講座です。

▼初学者でも実践的なスキルが身に付く▼
歯科助手講座|たのまな通信講座

歯科助手の通信講座でよくある質問・疑問

歯科助手の通信講座を受講しようと考えている人がよく抱く質問や疑問に回答します。

歯科助手がやってはいけないことは何ですか?

歯科助手は歯科医が行う行為をすることはできません。患者の口腔内に手を入れたり、麻酔注射を打ったり、歯を削ったり、詰め物をしたり、葉を抜いたりするなどの行為は一切できません。

歯科助手は覚えることが多いですか?

歯科助手は覚えることは結構ありますが、どんな仕事でも覚えることはあるものです。歯医者さんに行ったときのことを思い出せば分かると思いますが、受付業務、会計、ファイルの作成・管理、患者対応なども歯科助手の仕事の範疇です。

歯科助手に向いている人は?

歯科助手の後半多岐にわたる業務を的確にこなすには、柔軟な思考、迅速な行動力、コミュニケーション能力、几帳面さなどを兼ね備えている人が歯科助手に向いていると言えるでしょう。

歯科助手の平均年収はいくらですか?

歯科助手の平均年収は、昨年の実績を見てみると約312万円となっています。これを月収に換算すると、平均23万円の月給になります。また、歯科助手をアルバイトやパートとして行う場合の平均時給は1,228円で、最低賃金より若干高くなっています。