--> 図書館司書資格は通信講座でも取得できるよ | 狙った資格一発合格
PR

図書館司書資格は通信講座でも取得できるよ

図書館司書資格は通信講座でも取得できるよ

国家資格の図書館司書とは

簡単に取れる国家資格の図書館司書とは、公共図書館や教育機関等の図書館において、図書資料の選択や発注、保管、貸出業務などを行う専門職員のことです。

この専門職員の職に就くために必要な国家資格なので、逆に言うなら図書館で働きたいなら取らなければならない資格とも言えるでしょう。

図書館司書資格の取得方法

図書館司書の資格を取得するには3つのルートがあります。

  1. 大学、短大または高等専門学校卒業生が図書館司書講習を修了し資格を取得する。
  2. 大学、短大で図書館司書資格取得に必要な科目を履修し、卒業を待って資格を取得する。
  3. 3年以上司書補として勤務し、かつ図書館司書講習を修了し資格を取得する。

既に高卒以上の学歴を持っているなら図書館司書講習を受講すればこの国家資格を取得できます。

資格取得のための国家試験などは特にないので、大学等で必要単位を取得したり、図書館司書講習を修了すれば取得できるので、ある意味誰でも図書館司書にはなれると言えます。

また、学歴がないなら図書館司書補として働きながら、3年の実務経験を積んでから図書館司書講習を受講すれば図書館司書として勤務できるようになります。

社会人から図書館司書になるには

社会人が図書館司書を目指すにはやや難があります。

図書館司書講習は、毎年7月~9月にかけて全国14ほどの大学で実施され、丸1日の講義となるため、まとまった時間が取れて通学できなければなりません。

そこで、社会人におすすめなのは通信制の大学に入って勉強し、スクーリングに通うという方法です。
特に最近は、インターネット大学もできているので、通信講座の受講で資格取得が目指せるところが結構あります。1年以内の学習期間が設定されているコースをまとめてみました。気になる講座の資料を取り寄せて、受講可能かどうか検討してみましょう。

講座名 費用/期間 特徴
八洲学園大学
【最短半年】で図書館司書資格
費用: 237,300 円
期間:約6ヶ月
「ネット学修」「来校不要」「就職支援有」で取得を目指せる!
聖徳大学通信教育部
司書資格を最短で取得!(科目等履修生)
費用: 132,000 円
期間:約12ヶ月
図書館司書資格取得に必要な専門科目26単位のみを履修するコース
近畿大学 通信教育部
図書館司書【科目等履修生】
費用: 130,000 円
期間:約12ヶ月
年間1,000人以上が近大通信で司書資格を取得しています!

▼資料取り寄せは無料!▼図書館司書の資格が取れる講座(資料請求)

ネットで学んで最短半年で取得|八洲学園大学

八洲学園大学の講座なら、最短半年、しかも来校不要なので、働きながらでも図書館司書の資格取得を目指せます。授業や試験は、全てインターネットを介して行われ、授業は複数日程が用意されているので、忙しい人でも都合をつけて受講しやすいよう工夫されています。また、50歳以上なら学費割引制度もあるので、第二の人生のための資格取得としてもOKです。

受講対象者

受講対象者は、短期大学・4年制大学を卒業した人、短期大学・4年制大学卒業見込みのある人です。

図書館司書資格の取得要件である大学在籍要件を満たしている人で、出来るだけ短期間に図書館司書の資格を取りたい人におすすめの通信講座です。

受講費用は少し高め

通学コースやメディア授業とスクーリング併用のコースと比べると、短期間に通信教育で資格が目指せるメリットは大きいものの、受講費用は高めに設定されているように感じます。

  • 入学金: 20,000円 (税込)
  • 受講料: 237,300円(税込)
  • 支払い制度: 受講料は年額料金、ただしオリコ学費教育ローンを利用すれば学費の分納も可能

【最短半年】で図書館司書資格|八洲学園大学

中卒/高卒者が図書館司書補を目指すための方法

図書館司書になるには大学2年間の在籍が必要なので、高卒の場合は図書館司書にいきなり目指すことはできません。しかし、図書館司書補なら問題ないため、中卒/高卒の人は図書館司書補の資格取得を目指しましょう。

司書補になるには高卒以上である必要があるため、中卒の人はまず高卒認定試験を受験し、高卒認定の資格を取得しましょう。
高卒であれば、司書補講習を終了していればOKですので、「司書補講習」を受講しましょう。
令和5年の司書補講習を実施しているところは以下のとおりです。(詳細は文科省のHPを確認しましょう。)

図書館司書補の講習とは

図書館司書補の講習は、例年、7月~9月にかけて全国5大学程度で実施される集中講習です。講習では図書館に関する専門科目について学習することになります。

講習の実施大学、期間、問い合わせ先については、3月下旬から4月上旬に文部科学省のホームページに公示されるので、確認して受講して下さい。
>>文部科学省【図書館司書・図書館司書補について】

令和5年の図書館司書補講習

大学名 講習期間 定員 申込み 連絡先
聖徳大学 令和5年7月31日
~9月2日
50名 令和5年4月1日
~5月31日
聖徳大学生涯学習課
047-365-3601 
愛知学院大学 令和5年6月30日
~8月31日
50名 令和5年4月10日
~5月8日
愛知学院大学
0561-73-1111
横山学院大学 令和6年1月9日
~3月8日
50名 令和5年11月13日
~12月1日
桃山学院大学和泉キャンパス
0725-92-7036

図書館司書補になって実務経験を2年以上積んで図書館司書のための講習会もしくは通信制大学の司書コースを受講することで図書館司書の資格を取得できます。若干、時間は掛かりますが、大学を受験するより簡単に取得できるはずです。

図書館司書の仕事とは

図書館司書とは、学校や市町村の図書館で本を管理したり、利用者へのサービスをしたりする人のことです。図書館に行ったときに、きっと見たことのある図書館の人です(^^♪

図書館司書の仕事は、本の貸出/返却業務、本の購入業務、本の管理業務、イベント開催業務など、図書館に関する業務です。

図書館司書は国家資格で、大学や短大で図書館司書資格取得に必要な科目を履修する、あるいは司書講習を受講するなどによって誰でも資格を取得できます。本が好きで図書館で働きたいと考えているなら、絶対に取っておく必要のある資格と言えます。

中卒・高卒で図書館司書の資格を取るまでに時間がかかり過ぎると感じた人には、図書館司書以外にも仕事に役立つ資格がありますよ!

仕事(ビジネス)に役立つ資格一覧