--> ドッグトレーナーの資格が取れる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

ドッグトレーナーの資格が取れる通信講座を比較してみた

ドッグトレーナーの資格が取れる通信講座を比較してみた

ドッグトレーナー資格取得の通信講座の決め方

ドッグトレーナーを目指して初めて資格取得を目指す人におすすめの通信講座を2つ比較しました。

日本ケンネルカレッジのドッグトレーナー基礎講座は、受講費用が安いところがポイントです。たのまなの講座より約23,000円安い設定です。ただし、従来スタイルのテキストとDVDを用いた学習スタイルなので、隙間時間を活用した学習はちょっと難しいかもしれません。

費用を抑えてドッグトレーナーを目指すなら
>>ドッグトレーナー基礎講座|日本ケンネルカレッジ

たのまなのドッグトレーナー講座は、3つの資格が一挙に取得できるところが魅力です。学習スタイル面から言っても、eラーニングが使えるたのまなの講座の方が効率的、効果的学習ができます。そのため、着実にカリキュラムを進めたい人、進めることに不安がある人は、eラーニングを活用したたのまなの講座を受講するのが良いでしょう。日本ケンネルカレッジより費用は掛かりますが、一挙に3つの資格(家庭犬トレーナー2級、アニマルセラピー、ペットロスケア)を取得できることができることを考慮すると、結果的には安い講座とも言えます。

効率的に3つの犬関連の資格取得を目指すなら
>>ドッグトレーナー講座|たのまな資料請求

いずれも、受講修了後に有料にはなりますが現地でのスクーリング的なクラスを受けることができます。どちらの講座もドッグトレーナーの入門的な基礎講座になっているので、さらに興味が湧いたら次のステップとして上級の資格取得を目指しましょう。

ドッグトレーナーの資格取得を目指せる通信講座の詳細な説明やカリキュラムなどを知りたい場合は、無料で行える資料請求をすればいいでしょう。請求すれば数日で講座の詳細が説明された資料が一式届きます。

ドッグトレーナーになるための資格とは

ドッグトレーナーの資格は、犬をしつけたり、犬の飼い主に対する飼育指導などを行ったりするための民間資格です。民間資格なので、ドッグトレーナーになるにはどうしても資格を持っていなければ仕事できないわけではありませんが、家族同様の愛犬に関する仕事であるがゆえ、飼い主と愛犬の信頼を得ることができなければ仕事になりません。
ドッグトレーナーの資格は、第三者からの信頼を得るための一つの証・・・あなたがドッグトレーナーとしての知識や技術を持っていることの証明になるのです。

ドッグトレーナーになるには認定協会の中でも入門者向け、初心者向けの資格を最初に取得する必要があります。ここでは、これからドッグトレーナーを目指す人のために、ドッグトレーナー知識ゼロから取得できる入門者用のドッグトレーナー資格取得のための通信講座を比較しました。

ドッグトレーナー資格の種類

ドッグトレーナー資格は民間資格なので、資格を認定する協会や機関において名称は異なりますが、資格取得時に要求される知技術には大差ないため、初心者がドッグトレーナー入門のために取得するならどの資格を目指しても問題ありません。

認定する基準は専門的知識と技術の審査が対象であるためどの資格を取得しても即戦力となる実力には変わりはないので、どの資格を取っても、履歴書に明記できます。ただし、これらの資格は初心者向けのものなので、実際にプロのドッグトレーナーとして活躍するためには、例えば家庭犬トレーナー1級など、より上級の資格を段階的に取得していく必要があります。

資格名称 資格認定協会等
ドッグトレーナー・プライマリーライセンス 日本キャリア教育技能検定協会
家庭犬トレーナー2級 日本ペット技能検定協会
ドッグトレーニングアドバイザー 日本生活環境支援協会

調べてみると3つの資格認定協会を見つけましたが、初心者向けの資格が用意されている日本キャリア教育技能検定協会と日本ペット技能検定協会の資格が、初めて取るには良いでしょう。

知識ゼロからドッグトレーナーを目指す人のために、ここでは通信講座を受講して、在宅試験でドッグトレーナー資格が取れるものを紹介します。

ドッグトレーナーの資格取得できる通信講座比較

ドッグトレーナー初心者が、最初に目指すべき資格が取得できる通信講座を比較しました。

取得資格 ドッグトレーナー・プライマリーライセンス 家庭犬トレーナー2級
講座名 ドッグトレーナー基礎講座 ドッグトレーナー講座eラーニング
スクール 日本ケンネルカレッジ たのまな
受講期間 3~4ヶ月 4ヶ月
受講費用
(受験料)
77,000円
(7,700円)
100,100円
(8,500円)
資格試験 ★在宅(修了後、随時) ★在宅検定
学習スタイル ●テキスト・DVD
●添削課題3回
●eラーニング
●添削課題4回
●科目:トレーニング学、犬種標準学、ペット社会学
●転職・就職サポート

ドッグドッグトレーナー基礎講座

日本ケンネルカレッジのドッグドッグトレーナー基礎講座は、プロのドッグトレーナーを目指す人の基礎を築くベーシックな講座です。
これからドッグトレーナーを目指す人が、全ての訓練の基礎である飼い犬に対してのリーダー性を学び、犬に対しての優位性を確保し、維持できるという訓練の基礎を身に付けます。
そしてペットを飼う上で最初に行うべき『しつけ』を中心に、犬とともに快適な生活を送るための理論や応用的な訓練を学習します。

ドッグドッグトレーナー基礎講座のカリキュラム

ドッグトレーナー基礎講座では、オリジナルテキスト及びDVDを用いて、しつけの意義声符・視符、訓練用具、褒める事と叱る事、リーダーシップ、子犬時期の接し方、ホールドスチール、リーダーウォーク、アイコンタクト、性格の差、犬の五感、犬の本能などを学習します。
学習しながら3回の添削指導を受け、カリキュラムを進めていきます。
なお、添削課題を全て合格点で終えることができると受講講座を修了したことになります(^^♪

ドッグドッグトレーナー・プライマリーライセンス資格取得

ドッグトレーナー基礎講座では、日本キャリア教育技能検定協会が認定するドッグトレーナー・プライマリーライセンス資格の取得を目指せます。
資格取得については、基礎講座を一定の基準を超える成績で修了した人が合格と見なされ、ドッグトレーナー・プライマリーライセンスを付与されます。講座をしっかり受講し、修了できれば認定課題には合格点が取れるでしょう。
なお、マスターライセンスの認定証を交付してもらうためには別途交付料6,112円が必要になります。

>>ドッグトレーナー基礎講座|日本ケンネルカレッジ

たのまなのドッグトレーナー講座

たのまなのドッグシッター講座は、ペットビジネスでも認知度の高い英国式家庭犬トレーニングを基礎とした通信講座で、家庭犬トレーナー2級の資格に加えてアニマルセラピーとペットロスケアの資格も取得できる贅沢な通信講座です。
褒めて育てる英国式家庭犬トレーニングの基本を学習し、犬と人が社会で共存するための、正しいしつけ方法、トレーニング方法を身に付けます。

ドッグトレーナー講座カリキュラム

カリキュラムは、トレーニング学、犬種標準学、ペット社会学の3本立てになっています。
トレーニング学では、食事やトイレのしつけ、命令の出し方、足の運び方などを英国式家庭犬トレーニング方法を主軸に学習します。
犬種標準学は、犬種を分類するためのもので、テキストは事典形式でAKC(アメリカン・ケネル・クラブ)の犬種分類に準拠した7分類、147種の犬種標準を扱います。
ペット社会学では、アニマルセラピーの基礎概論から活動と効果、今後の課題まで学習します。

英国式の良さは、訓練士が犬のトレーニングをするのではなく、飼い主がトレーナーから「トレーニング」を学ぶのです。飼い主がトレーニングをすることで、日常的に訓練できる点が良いのです。愛犬のトレーニングをはじめる人には取組みやすく、ドッグトレーナーを目指される人には教えやすいカリキュラム材になっているのが特徴です。

eラーニングによる効率・効果的な学習

たのまなのeラーニング講座では、隙間時間を活用して楽しくドッグトレーナーの勉強ができます。テキストの要点を分りやすく動画で解説したり、演習問題を解いたり、進捗状況の管理までできるようになっています。テキストだけで学習するような講座ではなく、楽しみながら勉強できるので、ボリューム感のあるテキストも、あっという間に進んでいって、驚くほどしっかりとドッグトレーナーの知識や技術が身に付きます。

ドッグシッター講座の資格試験

ドッグシッター講座の受講修了後、資格取得の検定試験を自宅で受験します。受験は在宅で行えるため、リラックスして受けることができ、丸暗記も不要なので不安になる必要はありません。カリキュラムをきちんとこなしていれば、合格率は8~9割程度ですので問題はないでしょう。
ライセンスの交付を希望する人は、ライセンス交付料14,000円が別途必要になるので注意して下さい。

就職・転職サポートについて

たのまなの講座には就職・転職サポート制度があるので、資格を取って次のステップに進みたい人は安心してサポートを受ければ良いでしょう。メール、電話だけでなく、直接カウンセラーに近くの校舎で相談もできるので、ガッツリサポートしてもらいたい人は、是非足を運んでみて下さいネ(^^♪

>>ドッグトレーナー講座|たのまな通信講座