--> 半年で社会保険労務士の資格が取れる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

半年で社会保険労務士の資格が取れる通信講座を比較してみた

半年で社会保険労務士の資格が取れる通信講座を比較してみた

国家資格の社会保険労務士資格とは

社会保険労務士は、厚生労働省が主管する国家資格で、労働法や社会保険、老後の年金などに精通している専門家です。就業規則や社会保険の手続きなど社労士が許されている独占業務のある資格です。

会社や企業における労働や社会保険に関する法律及び人事や労務管理に関する専門家で、職場における労働者を守り、職場の安心、さらには会社の行く末をも守るやりがいのある仕事に就くことができます。一度資格を取れば生涯有効な資格であるため、まさに手に職が付く資格と言えます。

国家資格の社労士の試験について

社労士の国家試験は年に1回で、8月の第4日曜日に実施されます。試験の詳細については、例年4月中旬に社労士試験オフィシャルサイトで公示されます。
オフィシャルサイトでは、社労士試験の受験資格や事前に確認すべき事項、試験科目の免除や特別の措置、前年度の試験の合格基準、正答、過去10年間の情報などを確認できます。

半年以上の準備期間は必須の難関資格なので、独学で資格取得を目指すのはかなりきついでしょう。そこで、半年で受験準備を整えることができる通信講座の利用がおすすめです。

半年前から効率よく準備を進めて、合格を目指せる実力がグンと付く通信講座は次の二つです。

国家資格 資格を主管する省
社会保険労務士 厚生労働省
資格試験 試験は年に1回(8月第4日曜日)
●試験会場:19都道府県(北海道、宮城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県)
●受験料:9,000円
試験形式・内容
●試験内容:労働基準法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険徴収法、労務管理その他の労働に関する一般常識、健康保険法、国民年金法、厚生年金保険法、社会保険に関する一般常識
●選択式8問
●5肢択一、1科目10問で7科目

社会保険労務士は、『士業』と呼ばれる8つの専門資格職業(弁護士、弁理士、司法書士、税理士、行政書士、土地家屋調査士、海事代理士、社会保険労務士)の一つです。社会に広く必要とされる資格で、社会に貢献できる仕事に就くことができます。

社会保険労務士の受験資格

社会保険労務士の国家試験は誰でも受験することができません。一応、受験制約があるので、資格取得を目指す前に自分に受験資格があるかを確認する必要があります。
ただ、受験資格についてはそれほど厄介なものではなく、4年生大学卒や短期大学卒、そして高等専門学校卒の人なら、それだけで受験資格を持っているので大丈夫です。また、所定の専門学校を卒業した場合も受験資格ありと判断され、受験資格が得られる専門学校も数多いので、事前に社会保険労務士試験オフィシャルサイトで確認しておくと良いでしょう。

>>社会保険労務士試験の受験資格

社会保険労務士資格取得後の2つの道

社労士試験に合格後に社労士として働くためには、社会保険労務士名簿への登録が必要になります。試験合格後に実務経験2年以上もしくは実務研修修了で、社会保険労務士会への登録入会ができます。
そして社労士として会社の人事部や総務部などで働いたり、独立開業したりすることができるようになるのです。

社会保険労務士の資格取得できる通信講座比較

社会保険労務士の資格を目指せる講座は数多くありますが、ここでは、6ヶ月程度の学習期間で、しかも隙間時間を使いながら効率的に学習できる通信講座を厳選して、比較し、紹介します。

取得資格 国家資格:社会保険労務士(社労士)
講座名 社会保険労務士合格指導講座 社会保険労務士講座 社会保険労務士通信講座
スクール キャリカレ フォーサイト ユーキャン
学習期間 6ヶ月 6ヶ月 7ヶ月
サポート期間 教材到着から試験終了まで 受講から本試験の前日まで 受講開始から試験月まで
受講費用 74,900円
64,900円
78,800円 79,000円
学習スタイル ●記憶しやすいテキスト
●重要ポイントを抑えた時短学習
●ネット対応の講義映像
●過去20年分を徹底分析した過去問集
●合格点を取るためのフルカラーテキスト
●高品位・高熱量の講義動画
●隙間時間を有効活用できるeラーニング
全額返金保証対象講座
●繰り返し学習で合格力が身に付くテキスト
●実践力が身に付く問題集
●Web動画、Webテスト
●試験直前対策(全国統一模試)
一般教育訓練給付 対象外 対象講座 対象講座

キャリカレの講座は、インターネットで申し込むと10,000円の割引が受けられるので、資格取得費用としてはかなりお得になっています。
フォーサイトの講座では、社労士試験に不合格の場合、事前の確認テストで100点を取るなど、一定条件を満たせば全額返金をしてもらえる制度の対象講座になっています。

キャリカレ社会保険労務士資格講座

キャリカレ社会保険労務士資格講座
キャリカレ社会保険労務士資格講座は、年に1回の社労士試験の試験対策を6ヶ月の短期間で行い合格力を確実に身に付けられる通信講座です。
合格率7%と言われる難関の社労士資格は、膨大な学習量が必要で、長期に及ぶ学習が不可欠と思われていますが、キャリカレの講座なら必要最小限の時間と労力で、効率的に無理なく合格を目指せるカリキュラムになっています。

キャリカレの講座のカリキュラム

要点を絞り込んだ教材を使って、テキストを理解し、演習問題を解き、復習する・・・この3つのステップを繰り返すことで、効率的に学力を身に付けるように工夫されています。

  • 1ヶ月目には、労働基準法や労働安全衛生法について学習し、条文以外に出題される通達(判例)などもしっかり抑えます。
  • 2ヶ月目には労働者災害補償保険法や雇用保険法を学習し、しっかり得点が取れるようにします。
  • 3ヶ月目には労働保険徴収法や健康保険法を学習
  • 4ヶ月目には国民年金法を学習
  • 5ヶ月目には厚生年金法を学習
  • ラスト6ヶ月目には、労働や社会保険に関する一般常識を学習

6ヶ月のカリキュラムで広範囲に及ぶ出題対象から的を絞って効率よく学べるようになっています。要所要所で添削問題の提出(8回)があり、知識の定着度や不得意部分の把握などが行えます。

キャリカレ通信講座のテキスト教材

キャリカレの社労士講座の分りやすいテキスト
社労士の試験範囲は後半多岐に渡りますが、キャリカレのテキストは重要ポイントを抑えて時短で必要な知識を定着させる工夫がなされています。10年分の過去問を解析し、①法令・条文・通達・判例、②過去問、③論点解説を集約し、知識ゼロの初学者でも、無理なく理解できるようになっています。
キャリカレ講座の映像講義はインターネット対応
また、集中して学習ができるよう1講義1単元にこだわった映像講義になっているため、隙間時間を活用しながらサクッと勉強できるようにもなっています。映像講義はインターネット対応なので、スマホ、タブレット、パソコンなどがあれば、いつでもどこでも映像講義に取り組めます。
質問も何度でもOKで、添削指導も手厚く丁寧なので、安心して取り組める通信講座と言えるでしょう。

キャリカレのキャリアコーディネートサポート

キャリカレは資格取得から就職・転職まで直結したサポート体制があるため、取得した資格を活用できる理想の職場を専属のキャリアコーディネーターが提案してくれます。就職・転職を前提に資格取得を考えている人には一押しの通信講座です。
また、独立・開業する際に必要となるホームページを無料で作成できるアフターフォローもあるのも安心材料の一つですネ(^^♪

▼キャリアコーディネート支援あり▼ 社会保険労務士合格指導講座|キャリカレ通信講座

フォーサイト社会保険労務士通信講座

フォーサイト(Foresight)の社会保険労務士通信講座
フォーサイト(Foresight)の社会保険労務士通信講座は、驚異の合格率・・・全国平均の3.73倍を誇る優秀な通信講座です。2020年度の全国平均合格率が6.4%なのに対してフォーサイトの合格率は23.9%の高さを誇っています。
フォーサイトの通信講座は、高品位・高熱量の映像講義が特徴で、テキストを見ながら丁寧で分りやすい講義を視聴しながら勉強します。図解の充実したテキストも分りやすく、試験の特徴を捉えて分りやすく編集されています。またいつでもどこでも学習できるeラーニングになっているので、忙しい人でも隙間時間を活用して合格力を身に付けられる講座です。

スマホを活用して、通勤時間や休憩時間などの隙間時間を効率的に使って効果的な勉強をしたいという人にはおすすめです(^^♪

フォーサイトの合格点主義テキスト

フォーサイトのフルカラーテキスト
フォーサイトのテキストは、合格点主義をメインにしたテキストなので、かなり効率的な学習で合格を目指せるようになっています。テキストは過去問を徹底的に分析して制作されているため、テキストをしっかり勉強することで合格力が身に付くようになっています。手に取ると分りますが、フルカラーで図表、フローチャートや箇条書きなど、頭に残る、頭に入る工夫が満載のテキストです。

フォーサイトのeラーニング

フォーサイト通信講座の次世代eラーニングのManaBun
フォーサイトの通信講座では次世代eラーニングのManaBunで、効率的な学習が行えます。
最大15分が一コマになっている動画講義を隙間時間に視聴することで、無駄な時間をなくし、短期間に合格力が身に付くようになっています。
デジタル教材は、連続再生や倍速再生などにも対応していて、テキストもスマホなどで閲覧できるため、外出先でテキストを持ち歩く必要もありません。確認テストや過去問再現演習など、知識のアウトプットもしっかり行えるため、とても充実した学習が行える環境が整っています。

▼効率的に学習したいなら▼ 社会保険労務士通信講座|フォーサイト通信講座

ユーキャン社会保険労務士講座

ユーキャンの社会保険労務士講座
ユーキャンの社会保険労務士講座は、開講以来30年以上の実績を誇る老舗的な通信講座です。
社労士試験の合格者の約1割がユーキャンの受講生ということからも、人気の度合いが分ります。150名以上の講師がしっかりサポートしてくれるため、質問や添削指導などのきめ細かなサポートを受けることができ、通信講座でありがちな孤独な勉強に陥る心配はありません。
受講生の約8割が初学者で、ユーキャンで一発合格したという人もかなりいます。

ユーキャンのメインテキスト

ユーキャンの社会保険労務士講座テキスト
ユーキャンのテキストは1冊徹底主義となっていて、1冊のテキストを繰り返し学習することで合格に必要な知識が身に付くように工夫されています。知識の穴埋め、弱点の強化などのために別のテキストが用意されているわけではないのです。1冊を徹底的にマスターすることで合格力が身に付きます。
勉強するときにノートに要点を整理する必要もなく、押さえておくべきポイントや用語、関連事項など、必要な物は全てテキストに盛り込まれています。
試験攻略の鍵となる実践問題集は、過去6年分の試験を完全に網羅している優れものです。過去問も法令の改正に伴う変更にしっかり対応するよう問題や解説も見直されているため、とても質の高い内容になっています!!

学習支援Webサービス

ユーキャンの学習オンラインプラス
ユーキャンの講座では学びオンラインプラスと呼ばれる学習支援Webサービスがあります。
メインテキストを参照しながら講義動画を視聴したり、基本確認ドリルで知識の定着が図れたりします。一つのコンテンツは5分から15分程度の短いコマになっているため、隙間時間を活用した学習ができます。
メインテキスト10冊と問題集4冊が丸ごとデジタルテキストになってるため、いつでもどこでも勉強できるようになっているのもありがたいところですネ(^^♪

▼スキマ時間を活用した学習なら▼ 社会保険労務士講座|ユーキャン通信講座

社会保険労務士資格取得の通信講座の決め方

数ある社会保険労務士通信講座の中から学習期間が短く6ヶ月程度の試験準備で合格力が身に付く講座を選んで比較しました。
社会保険労務士の国家試験は範囲も広いことから、独学で勉強するにはモチベーションも続かずに限界があるため、合格力がしっかり身に付く通信講座の受講が合格への近道です。

3つの講座は、いずれも講義動画や確認テストなどをスマホなどで隙間時間の学習ができる効率的効果的なスタイルを取り入れています。テキストなども過去問の分析などから得点を取りやすいものを中心に勉強ができるよう工夫されています。
学習期間や受講費用面でも多きな差は見られないことから、講座選びはどのスクールとの相性が良いかということになりますが、インターネット申込で1万円割引になるキャリカレの講座は経済的には一番コスパの高い講座と言えるでしょう。
ただし、フォーサイトやユーキャンの講座は、一般教育訓練給付の対象講座になっているため、要件を満たせば最大20%の支援金(上限10万円)を受け取れます。

それぞれの社会保険労務士講座の詳細な説明やカリキュラムなどを知りたい場合は、無料で行える資料請求をすればいいでしょう。請求すれば数日で講座の詳細が説明された資料が一式届きます。
来年の試験に向けて3つの資料を取り揃えてから講座を選んでも遅くはないでしょう。

>>社会保険労務士合格指導講座|キャリカレ資料請求

>>社会保険労務士通信講座|フォーサイト資料請求

>>社会保険労務士講座|ユーキャン資料請求