--> マンション管理士の資格取得できる通信講座を比較してみた | 狙った資格一発合格
PR

短期間でマンション管理士資格を目指せる通信講座

短期間でマンション管理士資格を目指せる通信講座

マンション管理士とは

マンション管理士の資格は、マンションの管理組合運営、建物構造上の技術的問題などに精通しているマンション管理の専門家としての国家資格です。
マンション管理上の様々な相談に応じたり、助言やアドバイスを行うスペシャリストで、資格保有者以外は『マンション管理士』と名乗ることができない名称独占資格であることから、就活・転職に強く、人気の資格です。

独占名称国家資格のマンション管理士は、右肩上がりに増えている新規マンション業界の需要に加え、老朽化による建て替えやマンションにおけるペット飼育や共存など、集合住宅が抱える様々な問題への対応など、マンション管理士の需要は高く、いずれは独立開業するマンション管理士も現れるものと考えられているほどです。

マンション管理士国家試験は11月

マンション管理士の試験は年に1回行われ、国家試験は11月の最終日曜日に予定されています。

マンションの管理、マンションが抱える問題などに真摯に向き合うアドバイザーとして、独立開業も目指せる資格なので、国家試験対策をしっかりと行い、マンション管理士資格の取得に向けて頑張りましょう。

2022年のマンション管理士の国家試験は、11月27日(日)13:00~15:00に、札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市、那覇市及びこれら周辺地域にて実施される予定です。
受験願書の提出は、8月1日から9月30日までです。
受験料は9,400円で、合格発表は2023年1月5日(金)となっています。合格率は、例年10%代となっていて、結構難関な国家資格のひとつなので独学での攻略は難しいようですが、通信講座でポイントを絞って学習すれば3ヶ月から6ヶ月で合格力を身に付けられるでしょう(^^♪

短期間で合格力が身に付く講座は、マンション管理士/管理業務主任者講座です。

速習できるマンション管理士の通信講座

スタディング通信講座の悪い口コミ~良い評判まで解説!

マンション管理士の資格取得のための通信講座は、主に約半年間の学習を目安にカリキュラムが組まれている講座が多いのですが、隙間時間を活用して効率的・効果的な学習ができるスタイルの通信講座なら、短期間でも合格力を身に付けられるため、試験までに時間がない人にもおすすめです。

11月末の国家試験を見据えて勉強を始める場合、願書提出までにスタートし、隙間時間を最大限に活用すれば、まだ間に合うので躊躇せずに通信講座での勉強をスタートしましょう(^^♪

隙間時間で学習できるスタディング通信講座

昔スタイルの通信講座は、受講すると大量のテキストと問題集が送られてきて、それをマイペースでコツコツ勉強していき、途中で添削問題で実力の確認をしたり、指導を受けたりするのが一般的でした。
それが、インターネットの普及やIT技術の進化に伴い、テキスト以外に講師の講義をDVDやwebコンテンツとして動画で見るスタイルへと変化していきました。

隙間時間で学習できるスタディング通信講座
その進化の究極がスタディングの学習スタイルで、スマホさえあれば本気で試験対策ができるようになっています。スタディングの良いところは・・・隙間時間で学習できる、ビデオ/音声講座、アウトプット学習、基本問題・過去問の攻略、圧倒的な低価格の5つの点です(^o^)

隙間時間を活用した学習

隙間時間を活用した学習
仕事や勉強、友人と楽しむ時間、趣味に没頭する時間など、さまざまなことをやりたくても、1日は24時間という点は誰にでも共通する制約です。でも、一つ一つの時間の間には5分、10分の隙間時間があるものです。その隙間時間を有効に活用することで、これまでの生活スタイルを大きく変えることなく資格取得の勉強ができるところがスタディング通信講座の凄いところです(^^♪

手持ちのスマホやタブレット、パソコンなどを使って学習できるため、ある意味、いつでもどこでも好きなときに学習ができちゃうのです!!

例えば、満員電車の中なら音声を聞いて耳から学習したり、待ち時間には映像データで勉強したり、スマート問題集や過去問を解いたり、5分、10分の時間を有効に使えるような工夫がされています。満員電車でインプットして、昼休みに問題を解いてアウトプットするなど、普段の生活の隙間を使った効率的な学習ができちゃいます。

ビデオ/音声による学習

スタディング通信講座は、従来の紙ベースの通信講座とは異なり、ビデオや音声データを使って無理なく学習できる教材やカリキュラムが用意されています。
特に、ビデオや音声による講義データは、通常の速度に加えて、最近流行りの1.5倍速、2倍速による再生ができるようになっているので、隙間時間をさらに時短して効率アップが図れます。

私も通常ビデオや音声データを使った学習をする際には、1.5倍速再生を多用しています。すると頭の回転が速くなったと実感できたり、通常速度に戻した時に遅いと感じたりします。時短になった方が定着率が良い感じに思えるほどです。

段階的なアウトプット学習

無理なく勉強するコツは、少しずつでも無理なく理解し、自分のものにしていくこと、そして問題練習をしながら実力を身に付けて行くことです。

スタディングのカリキュラムでは、ビデオや音声データによるインプット学習をしたら、すぐにスマート問題集で学習内容を確認させ定着させることで、基礎力が固まるようになっています。そしてセレクト問題集を解くことで、本番に通じる実践力を身に付けて行きます。
この一連の流れを繰り返すカリキュラムにより、無理しなくても合格力が身に付くようになっています。

基本問題・過去問の攻略

問題を解くことが合格への近道であるため、スマホやタブレットなどを用いて基本問題や過去問をいつでもどこでも解けるようになっています。
間違えた問題は復習モードを活用することで、効率的に見直し、再学習することができるので安心です。既に覚えたところはスキップして、不得意な部分、間違えた部分を集中的に学習できるため、無駄なく合格力をアップさせることができるのです(^^♪

圧倒的な低価格

マンション管理士資格取得のための通信講座をネットで調べてみると、学習期間が約6ヶ月で、受講費用は約11万円とか約7万円という講座が結構あります。そんな中、隙間時間を活用した短期集中型のスタディング通信講座は、31,900円半額以下の低価格です。

マンション管理士 合格コースの概要
短期合格セミナー 1回
基本講座
(ビデオ・音声)
75講座 合計約27時間
ビデオ講座の時間は1回20分前後から30分前後
WEBテキスト 各基本講座はWEBテキスト付き
スマート問題集 75回
セレクト過去問集 22回
マンション管理士
難問解法講座
5回 合計約2時間30分
参照条文集(PDF) 区分所有法(1冊)/標準管理規約(1冊)

スタディング通信講座は、従来のテキスト・問題集が主流の講座とは異なり、スマホやタブレットを使ったオンライン講座なので、郵送される教材等が一切ないため受講費用が格安になっているように感じます。

\効率的に資格を取りたいなら/マンション管理士/管理業務主任者